2018-10-09 10:03:00

朝、急に腰の激痛で歩けなくなってしまった40歳台女性。

仕事は休めても家事は休めないからと、その日のうちに痛みを緩和して欲しくて、整形外科に行かれたそうです。

しかし、そこでは何の治療もする事なく、「様子見で」と言われ、痛み止めの処方と高いベルトを買わされ帰らされたそうです。

怒り心頭で、いや、怒る気力も無く、自宅に帰ってきたところで自宅の裏手にある当院を思い出されたようです。

藁にもすがる思いだったのでしょうか。足を引きづりながら腰を屈めた状態で入り口から、「すいませ〜ん」と蚊の泣くような声で登場されました。

ご近所ですので、当然顔見知りでした。

そういえば、同じ地域の方で当院に来られる方って少ないんですよねー。

先日も同級生のお母さんが来られた時に、「娘の同級生にカラダ触られるの恥ずかしい」とおっしゃってました。確かに!でも気にしないで!

んで、まぁ蚊の泣くような声で登場された方ですが、、、

整形外科では何もしてくれなかったのに整体院で治るの?って感じでした。

そりゃぁ何もしないんだから治るわけがない。

そりゃぁ痛みの出始めに患部を動かせないのは、マッサージ出来ないのは当たり前。

その医者は、痛みのある腰を触らなくても腰の痛みを軽減出来るの知らんのかい!

ってかどのタイミングでも腰痛で腰を揉まんわい。

まぁ、無事に真っ直ぐ立って歩いて帰ってもらえたので良かったです。

せめて高いベルトを返品出来れば良いんだけどね。

「病院行ったけどダメだった」

このセリフに火をつけられます。